MENU

敏感肌の肌荒れはバリア機能が低下が原因

敏感肌化粧品

敏感肌になってしまう大きな原因として、バリア機能の低下があります。

肌荒れも招くことが多いので、敏感肌 化粧品で保湿をしていきましょう。
保湿をすれば肌に含まれる水分が乾燥から肌を守ってくれるのです。
肌が元気になると、自然とバリア機能も高まります。
バリア機能が低下している方は、肌が不健康な状態にあると考えていいでしょう。
敏感肌 化粧品で保湿しながら、ストレスを溜めない生活を送りましょう。
肌はストレスに敏感であり、そのまま肌状態として反映されます。
慢性的な肌荒れに悩んでいる方は、敏感肌や乾燥肌が原因だと考えていいでしょう。
敏感肌 化粧品を使うことで、肌のバリア機能を高めることができます。
保湿された肌は酸化に強く、活性酸素の影響を受けにくいのです。

敏感肌の刺激になりやすい成分

菌の増殖を防ぐ保存料や防腐剤として使われている、メチル、プロピル、ブチル、エチルといった「パラベン」や、美白化粧品に使われる「ハイドロキシン」、殺菌消毒・収れん効果がある「エタノール」、ターンオーバーを促進させる「レチノール」は刺激が強く、皮膚炎症やアレルギー反応を起こす事があります。
また、成分同士を混ぜ合わせたり、洗浄力を上げる為に配合されている、ラウリル硫酸Naやポリソルベート60等の「合成界面活性剤」は、肌のバリア機能を溶かし、多くのカラーコスメに使われている「タール系色素」の中には皮膚障害の原因となるものや、発がん性があるものもあり、敏感肌に強い刺激を与えます。
一方、高保湿のセラミド配合化粧品のような敏感肌化粧品は、敏感肌を健やかに保つ事ができます。

敏感肌のスキンケアにはセラミドがおすすめ

敏感肌化粧品

セラミドは高い保湿があるため、肌が乾燥しやすい方などには、セラミドが配合された化粧品がおすすめといえるでしょう。

また敏感肌の場合でも、刺激などに肌が弱いため、スキンケアをする場合には、化粧品で低刺激なものを選ぶ必要もありますが、セラミドは、肌に対してほとんど刺激にならないといわれているため、敏感肌 化粧品を選ぶ場合には、おすすめです。
また、敏感肌に限らず肌の状態をきれいな状態に保ちたい場合には、生活習慣を改善していくことも対策の一つになるでしょう。
生活習慣が乱れてしまうと、肌荒れや肌の乾燥を招くこともあるため、乱れた生活習慣は改善していき、健康的で規則正しい生活習慣を身に着けていくといいでしょう。

セラミドは敏感肌の刺激になりにくい成分

敏感肌 化粧品の成分に着目してみると、配合成分に「セラミド」が含まれていることがよくありますが、これは一体どんな特徴を持つ成分なのでしょうか。
セラミドは人間の細胞間脂質に存在している物質です。
細胞間脂質は肌の細胞同士を接着する役目を担っているほか、肌の水分量を保ったり外部から異物が進入するのを防いでいます。
しかし加齢などの理由でセラミドが不足してくると肌のバリア機能が失われ、水分を保持する力も低下して乾燥状態になります。
この乾燥が敏感肌の大きな原因で、乾燥を解消するためには不足したセラミドを化粧品から補い、肌の保湿をする必要があるのです。
またセラミドはもともと細胞内で作られる物質なので、弱った肌に対しても刺激にならないというメリットがあります。

ヒト型セラミドでバリア機能を守ろう

敏感肌化粧品

敏感肌の方は、化粧品が合わないと赤くなったりヒリヒリしたり、お肌のトラブルを招いてしまいます。

このような症状を防ぐには、ヒト型セラミドが配合された敏感肌 化粧品を使うことをおすすめします。
このヒト型セラミドは、刺激に弱いお肌を保湿しカバーするバリア機能があり、お肌を乾燥からしっかりと守ってくれます。
また、減少している水分と油分を補ってくれますので、お肌の潤いが回復します。
このように、敏感肌 化粧品は、バリア機能によってお肌を乾燥から守ってくれます。
しかし、どのような化粧品でもお肌に合うとは限りませんので、心配な方は、顔に使用する前には、必ず腕の内側でパッチテストなどをしてから使用するようにしましょう。